コヤーラ会員募集中

人形界の話題満載!
羽関のblog

過去のイベント記録(イベント名をクリックすると各ページへ)
2016/12
ART OF THE DOLLS 2016(ロシア モスクワ)
2016/11 チームコヤーラ第3回創作人形公募展(渋谷)
2015/11 〜第2回それからの人形たち展〜(渋谷)
2015/04 SPRING DOLL FESTIVAL(ドイツ ミュンスター)
2014/12 HELLO TEDDY! 2014(ロシア モスクワ)
2014/12 ART OF DOLL 2014(ロシア モスクワ)
2014/09 チームコヤーラ第二回創作人形公募展(渋谷)
2014/12 ART OF DOLL 2013(ロシア モスクワ)
2013/09 〜それからの人形たち展〜(渋谷)
2012/11 URAL DOLL ARTISTS ASSOCIATION FESTIVAL(ウラル州立人形美術館)
2012/11 ART OF THE DOLLS 2012(ロシア モスクワ)
2012/09 チームコヤーラ創作人形公募展(渋谷)
2012/08 IN DOLLS(スペイン サンアントニデカロンジェ)
2012/03 東北ー神さまたちとの復興展ー長野(長野県小諸市)
2011/10 ART OF THE DOLLS 2011(ロシア モスクワ)
2011/09 東北ー神さまたちとの復興(渋谷)
2010/12 コヤーラフェス02(高円寺)
2010/09 ART OF THE DOLLS 2010(ロシア モスクワ)
2010/08 第一回コヤーラフォーラム(東京芸術劇場)
2009/11 コヤーラフェス01(高円寺)
2009/11 ドバイドールアート展報告会(高円寺)
2009/07 Dubai Doll Art Exhibition( ドバイ フェスティバルセンター)

チームコヤーラ創作人形公募展
2012年9月11日(月)-16日(日) 10:00-18:00
原宿 NHKふれあいホールギャラリー

チーム・コヤーラが創作人形公募展をするのは、初めてのことです。 当初はささやかな企画でしたが、3月から募集を始めたところ、 初心者からプロとして活躍するベテランの方々にいたるまで広い層の方が応募されました。100人近い応募者から写真で86名の方が予備審査を通過、9月の実作品の展示に進みました(1名の方は都合により出品辞退で、 実際の展示数は85点)。素材、技法は陶、布、粘土、樹脂、関節、 オブジェなど現在の創作人形で使われているものが網羅され、テー マも様々。会場を訪れた一般参観者の方々にはバラエティ豊かな 人形の展示として映り、喜ばれていました。
数年前迄は技術的に際立っている作品はそれだけで目立ったので すが、今は多くの作者が修得しうる技術的な到達目標に達し、「うまさ」だけではアピールできないのが現状です。技術を極めた後は、 好きか嫌いかというレベルの話になってしまいますが、この審査では「魅力的かどうか」という点をポイントにしました。人形本来の性質を認識した制作姿勢も重要です。 人形はアイデアだけでもだめ、デザイン力だけでもだめ、素材を 生かす技術力と固まりとしての存在感を制御する観察力、ファン タジーを扱う遊び心が必要です。さらに魅力的であるためには、品性も必要です。
洗練された遊び心というのは、作者の制作に対する真面目さや、何でもないものにも面白味を見いだせる感性のようなものに由来するように思います。その人の味が人形には現れてくるのです。 チーム・コヤーラは、面白いもの、 ワクワクさせてくれるものに出会いたくて、活動を続けています。 つまり、ひいてはそういう人を探したい、会いたい、ということかもしれません。 今までも、そうやって面白い人達 との出会いを重ねてきました。そしてその出会いを核に、これからも 面白い輪がどんどん 広がっていくことを願っています。

応募された皆様、 ご来場頂いた皆様、 四谷シモン様、 関係者の皆様、 この企画を見守ってくださった皆様に 心から感謝申し上げます。
                                  チーム・コヤーラ一同




ふれあいホール 連日満員御礼! 受賞する尾花智子さん



オープニングパーティ 四谷シモン氏による講評 コヤーラの新たなシンボル

第一回チームコヤーラ公募展受賞作品
チームコヤーラ 賞 四谷シモン 賞 ドールズオブザワールド 賞



「母と子と空と地」
063 尾花智子
「セミヨム」
085 角松千恵子
「夜会からの招待状」
046 皆川優子

ウラル人形作家協会 賞 ウラル人形作家協会 会長 賞 コヤーラフェス 賞(一般投票)



「冬の子供」
041 長谷川裕子
「ジュヴェールの休日」
066 長岡哲生
「無題」
031 柴﨑弘子



出品者全作品(応募番号順)



「うすこう」
001 中村寝郎
「海波」
002 村山恵梨
「無題」
003 森収吾



「アリス」
004 廣安瑞枝
「無題」
005 甲斐公子
「森の囁き」
007 村田ちか



「人形」
008 藤田ななこ
「ベルナデッタ」
009 岩本実友貴
「Turandot」
010 若林民恵



「Green」
011 船本雅友美
「ZOE- ミダス王の娘」
012 月夜野いん子
「女王様へ・・・」
013 永二



「アデル」
014 是近有美
「刻(とき)を見つめて」
015 木村櫻子
「曲の擬人化」
016 菊池由唯



「ようこそワンダーランド」
017 小林幸子
「バラペチ」
018 上妻みどり
「少女」
019 丸尾篤志



「parade」
020 ミナミマイコ
「幻双星図」
021 一実
「少年」
022 辻菊代



「マイ スタイル」
023 上野延子
「Diva」
024 常見一奈
「再誕」
025 庭野与左右衛門



「残されたもの」
026 白砂かげ
「雷」
027 漆晶子
「久遠(くおん)」
028 琥珀



「黒鳥ーodile」
029 摩有
「隠形」
030 壱師
「ALICE IN NUKELAND」
032 赤松和光



「羽化 覚醒」
033 森勇人
「百日草」
034 伊川まり子
「和(なごみ) 「華」」
035 飯島幸子



「伝説」
036 瑞恵
「sophie(ソフィー)」
037 今井亜樹
「心のしずく」
038 IWAKO



「ピエロ」
039 関野かよ子
「スウィーツの国へようこそ」
040 鈴木久恵
「青蟲(あおむし)」
042 雪斗



「ピュアブルー」
043 中川乃布子
「虫籠」
044 菊池由紀子
「Violet」
045 中林沙織



「兄弟(入園、入学)」
047 小林銀子
「静謐なる母性」
048 原田万紀
「不借身命」
049 佐々木英俊



「リトル レディー」
050 小林雅枝
「無題」
051 羽鳥聖子
「廃墟の精」
052 石川英子



「人魚姫のみる夢は・・・」
053 Rina Grossmann
「いつかグリーンゲーブルズへ」
054 野村徳子
「きのこの妖精」
055 岡村久子



「薄紫」
056 新居十夜
「陽光」
057 小林久仁子
「鳥待月」
058 粂川真優子



「遠い記憶」
059 森野るいん
「ベティ」
060 MeU
「夢の中」
061 熊谷美智子



「小さなパン屋さん」
062 新家智子
「うさぎちゃんズ」
064 芽印
「雲々(うんうん)だいびんぐ」
065 中村周子



「きんぎょ」
067 葉
「混血の姉妹 in Japan」
068 市川路子
「にゃ〜リスト」
069 deeper-bj



「01」
070 木谷麦子
「虹」
071 西島礼子
「苦虫」
072 chika



「リトル・ガール」
073 ちゃお
「千歳」
074 白川行雅
「スイマー(a swimmer)」
075福島育代



「真夜中のカーニバル」
076 鳴力
「しょうこちゃん人形 -I am here-」
077 西川祥子
「梅ちゃんと桜子ちゃん」
078 中野久世



「ロバの王子」 079 korpokkur 「なかよし」
080 森山幸子
「卵さん」
081 翡翠



「四方守り」
082 佐野橙子
「風船に夢をのせて・・・」
083 福見洋子
「珊瑚童子」
084 ゆきち



 更なる詳細はコヤーラ通信11号にて
「妄想参観日」
086 紅樹時雨
Copyright(c) 2009-2011 Team-Koyaala ALL rights reserved.

inserted by FC2 system