コヤーラ会員募集中

人形界の話題満載!
羽関のblog

過去のイベント記録(イベント名をクリックすると各ページへ)
2016/12
ART OF THE DOLLS 2016(ロシア モスクワ)
2016/11 チームコヤーラ第3回創作人形公募展(渋谷)
2015/11 〜第2回それからの人形たち展〜(渋谷)
2015/04 SPRING DOLL FESTIVAL(ドイツ ミュンスター)
2014/12 HELLO TEDDY! 2014(ロシア モスクワ)
2014/12 ART OF DOLL 2014(ロシア モスクワ)
2014/09 チームコヤーラ第二回創作人形公募展(渋谷)
2014/12 ART OF DOLL 2013(ロシア モスクワ)
2013/09 〜それからの人形たち展〜(渋谷)
2012/11 URAL DOLL ARTISTS ASSOCIATION FESTIVAL(ウラル州立人形美術館)
2012/11 ART OF THE DOLLS 2012(ロシア モスクワ)
2012/09 チームコヤーラ創作人形公募展(渋谷)
2012/08 IN DOLLS(スペイン サンアントニデカロンジェ)
2012/03 東北ー神さまたちとの復興展ー長野(長野県小諸市)
2011/10 ART OF THE DOLLS 2011(ロシア モスクワ)
2011/09 東北ー神さまたちとの復興(渋谷)
2010/12 コヤーラフェス02(高円寺)
2010/09 ART OF THE DOLLS 2010(ロシア モスクワ)
2010/08 第一回コヤーラフォーラム(東京芸術劇場)
2009/11 コヤーラフェス01(高円寺)
2009/11 ドバイドールアート展報告会(高円寺)
2009/07 Dubai Doll Art Exhibition( ドバイ フェスティバルセンター)


チームコヤーラ創作人形公募展
2014年9月2日(月)-7日(日) 10:00-18:00
原宿 NHKふれあいホールギャラリー

2回目の創作人形公募展。今回は58名の方の作品を展示させて頂きました。ここに展示させて頂く時点で、チーム・コヤーラ全員が「頑張って下さいね」という思いがあります。賞は限られた方にしか贈られませんが、どの作品も奨励賞に値するチャレンジ精神を感じます。特に今回、会場でお話を伺った出品者の方は、「一人で作り続けて迷っていた」とか、「どこに出して良いかわからない」「他の公募展に出しても浮き上がってしまう」等といった孤立感を感じていた方が少なくありませんでした。そんな方々が異なる素材、手法など様々な人形を出品して下さり、今まで人形展を見慣れた方からも、そうでない方からも、これだけ異なる人形を見られるのは楽しいという声を何度も頂きました。 第1回目の公募展のときと状況は今も変わらないようで、私たちの姿勢や目標も変わりません。それなのに、制作の苦しみにぶつかって悩んでいる方も何人か見られました。ものを作るのは楽しいこと。その楽しさを確認しあいたいのです。

前回の文章を引用しますと;
今は多くの作者が修得しうる技術的な到達目標に達し、「うまさ」だけではアピールできないのが現状です。技術を極めた後は、 好きか嫌いかというレベルの話になってしまいますが、この審査では「魅力的かどうか」という点をポイントにしました。人形本来の性質を認識した制作姿勢も重要です。 人形はアイデアだけでもだめ、デザイン力だけでもだめ、素材を 生かす技術力と固まりとしての存在感を制御する観察力、ファンタジーを扱う遊び心が必要です。さらに魅力的であるためには、品性も必要です。洗練された遊び心というのは、作者の制作に対する真面目さや、何でもないものにも面白味を見いだせる感性のようなものに由来するように思います。 その人の味が人形には現れてくるのです。 チーム・コヤーラは、面白いもの、 ワクワクさせてくれるものに出会いたくて、活動を続けています。 つまり、ひいてはそういう人を探したい、会いたい、ということかもしれません。                           (引用終わり)

今回は、この面白い人たちに会いたい、を増幅させて受賞パーティに実力派のゲスト作家も招待。出品者は58名中40名が参加という高出席率で、審査員やゲストをメインディッシュに、気楽に人形談義に花を咲かせる場所を設けました。ほとんどが一人参加、お友達がいない状態での参加の方ばかりだったのです。アウェイ感をほとんど皆さんが感じていたのですが、ここでお友達を増やされた方もよく見かけました。その時の楽しい様子も動画に記録しております。年に一回は、人形つくりをネタに、フランクに語り合える楽しい場を設けるのもいいかな、と考え始めているチーム・コヤーラでした。

応募された皆様、 ご来場頂いたお客様、 四谷シモン様、 よねやまりゅう様、矢部藤子様、パーティに参加していただいたゲストの皆様、この企画を見守ってくださった皆様に心から感謝申し上げます。
                               チーム・コヤーラ一同

※公募展の更なる詳細は10月1日発行予定のコヤーラ通信19号をご拝読ください。
 お申し込みはこちらへ

第二回チームコヤーラ公募展受賞作品

チームコヤーラ 賞 四谷シモン 賞 よねやまりゅう賞



「生命の灯」
038 土井千尋
「だって…。」
057 風らい坊
「ダラゲリア」
046 ユズミコ

矢部藤子賞 羽関チエコ賞 コヤーラフェス賞(一般投票)



「ガイア」
026 原田万紀
「無題」
052 池谷基
「AiDocka」
027 Minagawa Dolls

奨励賞 奨励賞 奨励賞



「無題」
024 佐々木英俊
「無題」
044 KINO4TA
「無題」
001 クサボン
奨励賞 奨励賞 奨励賞



「おやすみの時間」
036 新家智子
「ひなたのにおい」
050 成瀬麻里子
「AiDocka」
027 Minagawa Dolls



出品者全作品(応募番号順)



「翁」
002 なべ
「無題」
003 伊川まり子
「我が家のダークエルフさん」
004 石川まにゃ@



「リデル」
005 凛音
「無題」
007 和田秀明
「やがて夜は明ける」
008 HANGAI JUNKO



「夢が叶わなかったとしても」
009 白砂かげ
「ME」
010 大嶋亜南
「MARCO」
011 赤司知彩



「異邦人〜刻のあわいに〜」
012 家久人敏生
「孵化」
013 高谷義則
「革のトルソ」
014 上妻みどり



「ラプンツェル(その後)」
015 廣安瑞枝
「はにかみ」
016 ちゃお
「幸・Kou」
017 グロツスマン リナ



「アリス」
018 月夜野いん子
「きな子」
019 横瀬和江
「アゲハ蝶と深紅のバラのささやき」
020 ゆき姫



「少女」
021 タミコ・キム
「列島コンプレックス」
022 白川行雅
「雨」
023 漆あきこ



「明日へ」
025 柴﨑弘子
「新月」
028 Memi
「祷(いの)り」
029 多寿姫



「金魚」
030 尾花智子
「無題」
031 中川京子
「Water Lily」
032 ROKU



「親子」
033 渡邊良弘
「ママがつけてくれたの」
034 En
「ふしぎの国の兎
-女王陛下の気の済むままに-」
035 かをり



「憂鬱なおでかけ」
037 KANA
「シャルロット」
040 細貝まい
「ペンちゃん!寒くないかぁ!」
041 福泉久美子



「座敷わらし」
042 月乃光
「森の子」
043 コンデクレン
「Gemini」
045 葉



「まどろむ」
046 小林久仁子
「禿花舞(かむろのはなまい)」
047 髪結ひ辰乃
「出走前」
048 deeper-bj



「件(くだん)と白澤(はくたく)」
049 是空
「a Red Red Rose」
051 西島礼子
「無題」
053 chika



「野獣に憧れる心優しき牧神のコ」
054 Ryoko〜needle felted art〜
「千里順風」
055 ゆきち
「Rambling rose」
057 たっきー



「Juicy Fruits」
058 大八木ミノル
「美九(みく)」
059 ほびっと工房

Copyright(c) Team-Koyaala ALL rights reserved.

inserted by FC2 system